犬が年を取ってくると、真っ先に
訪れるのが脚の問題ではないでしょうか。

高齢犬になると、骨の密度の減少
弱体化により、活動力の低下
みられるワンちゃんがいます。

・歩き方がなんかぎこちない

・散歩に行きたがらない

・昇り降りをしなくなった

このような症状がみられたら
関節にトラブルを抱えている可能性大です。

また、日ごろの運動や散歩不足、
肥満体質であると、関節の衰えや悪化が
よくみられます。

しかし関節の問題は主に、老化現象によって
引き起こされるので、仕方がないことです。

ですが、適度な運動や食事
サプリメントなどで関節をケアすれば、
症状を改善させることができます。

関節の衰えは、放っておくと
どんどん悪化してしまいますし、
寝たきりにもなってしまいます。

愛犬が老齢期と呼ばれる年齢(7歳)に
なったら、関節の予防や対策をして、
健康な老後生活をおくれるように
させてあげましょう。

今回は、老犬に多い関節の問題の症状と
対策方法についてお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



老犬に多い関節の問題・症状

犬は歳を取るにつれ、骨の強度が脆くなり、
骨量も減ってしまいます

さらに関節を形成する軟骨の張力や
硬さ
も失われてしまいます。

すると関節疾患にかかりやすくなり、
痛みから、行動力が目に見えて
減っていくのです。

愛犬が関節に問題を抱えていると、
歩行異常や動きたがらない、
といった症状がみられます。

しかし、犬はもともと野生動物ですので、
病気や痛みを隠そうとする本能
あります。

ですので、愛犬に脚のトラブルがあっても
飼い主さんがなかなか気づかない
ケースもあります。

そこで1つ、足や関節にに異常が発生した
際に、簡単に発見する方法があります。

それは、ツメです。

爪が歪んでいたり、左右で伸び方などが
違っていたら
、脚や関節に問題が発生して
いるサインです。

関節に痛みがあると、負荷をかけないように
したり、庇った歩き方になります。

すると、ツメがおのずと横にまがったり、
変形した伸び方
をしてしまうのです。

しかし、ツメが伸びている場合は、
それを気にして変な歩き方になり、
関節に負荷をかけていることもあります。

犬のツメの伸びすぎは危険ですので、
こまめに切ってあげてください。

【スポンサーリンク】



関節の病気

関節の痛みからくる症状(病気)は主に、
関節炎があげられます。

老犬の5頭に1頭が関節炎になっている
いわれているほど、かかりやすい病気です。

原因は、加齢による骨の劣化のほか、
肥満や骨軟骨症、免疫性の疾患や感染症
などがあげられます。

大半は、関節の負荷が原因で
引き起こされます。

ですので、関節を衰えさせない運動や散歩、
食事やサプリメントの栄養補助、
肥満体質にさせないことが重要です。

高齢犬の関節対策

関節のケア方法は、先ほど述べた通り、
適度な運動と、関節の老化に効く食事や
サプリメントを摂ることです。

運動(散歩)で関節ケア

運動は関節の保護だけでなく、
健康を維持するために大切なことです。

運動不足のワンちゃんは、関節の老化が
早まってしまいますし、肥満からくる
病気もたくさんあります。

ですが、老犬の場合は激しい運動を
してしまうと逆に関節に負荷がかかって
しまいますから、体の負担にならない
程度の運動が大切です。

以下のことを心がけてみてください

・散歩前に、軽くウォーミングアップ

・散歩では、走るよりも歩くことを
優先する

・段差のある階段の上り下りは厳禁

・飛んだり跳ねたりする遊びはダメ

・ドッグプールでエクササイズ

基本的に、激しい運動をせず、
関節の負担にならない
ような
行動をさせてあげてください。

お勧めは、ドッグプールです。

地面を歩くのは関節に負荷がかかりますが、
水中ではほとんど負担になりません。

また、肥満防止ににもなりますので
おすすめです!

【スポンサーリンク】



食事やサプリメントで関節予防

食事やサプリメントで関節の老化予防に
効く成分や栄養素があります。

食事では主に、動物性たんぱく質
摂らせてあげることです。

動物性たんぱく質は、よく聞く栄養素
なのでご存知のかたも多いと思います。

犬の身体を維持するのに最も重要な
栄養素で、免疫力の維持・向上や
筋肉の維持
にもつながります。

筋力がないと関節にかかる負荷が
増大してしまいます。

老犬になると筋力の衰えだけでなく、
必要なたんぱく質の量も増えます。

ですので、普段の食事から
高タンパク質を補えるドッグフードを
与えてあげましょう。



サプリメントでは、関節の老化に効く
グルコサミンが効果的です。

グルコサミンは甲殻類のキチン質から
作られており、軟骨の修復や関節痛などの
症状に効果
が期待できます。

また、コンドロイチンといわれる
サメ軟骨から作られる成分も効果的です。

コンドロイチンは、別名「若返りの素
ともいわれており、関節の保護効果のほか、
老化予防
にも期待できます。

これらは食餌で意識的に補うことは
難しいですから、毎日の食事に
サプリメントでフォローしてあげましょう。

獣医師が認めた犬用関節サプリ【毎日散歩】

まとめ

関節のトラブルは、老犬によくある問題です。

関節痛や関節炎は放っておいても
治ることはなく、ますます悪化して
いってしまいます。

愛犬が寝たきり生活にならないためにも
今回ご紹介した適度な運動と
食事やサプリメントで、
関節予防をしてあげてください。

関節の予防効果があるサプリメントでは、
活動力が上がって散歩が大変
といった報告もあるほど劇的に効く
ワンちゃんもいたそうです。

サプリメントは薬と違い、
症状を完全に治すという効果ではありません

また、効き目も最低1ヶ月以上はかかると
いわれています。

毎日の継続が大事ですので、
ゆっくり試してみてください。