愛犬が寝たきりになってしまい、
ご飯や水を飲ませるのが大変..。

抱っこして食べさせたり、
水がこぼれないように気を使ったり。

老犬なので食べさせるのも一苦労・・。

人間と同じように、
寝たきりのわんちゃんを介護するのは
体力的にも精神的にも大変ですよね。

でも、今まで家族を癒してくれたし、
これからは恩返しのつもりで
お世話をしてあげる気持ちを持ちましょう。

そうすれば大変な介護も
気疲れせずに行えるはずです。

寝たきりのわんちゃんの介護は
思いやりの気持ちも必要なのです。

ですが正しい方法で介護をしてあげないと
愛犬に負担がかかることもあります。

特に食生活のお世話は、
食べさせるのも一苦労ですし、
こぼれて汚してしまうこともあります。

食事は毎日行うものですので、
できれば掃除の手間をかけないように
したいですよね。

そこで今回は、寝たきり老犬の
食事介護のコツをご紹介します。

【スポンサーリンク】



寝たきりの愛犬に食事を食べさせるコツ

寝たきりになってしまうと
自ら立って食べることはできないので、
飼い主さんがサポートして
食べさせてあげなければなりません。

そこで注意したいのが食べさせる姿勢

寝たままの状態でご飯を食べさせてしまうと
喉に詰まらせてしまいます。

さらに犬の食道はたわんでいますので、
上手に胃へ到達できないことがあります。

人間の場合であれば、食堂が垂直に
なっているので、完全に横になった姿勢
でなければ、問題はありません。

しかし犬の場合は、
途中でたわむ()感じになっているので
正しい姿勢でご飯を食べないと、
胃にしっかりと送られないのです。

そうなると食べ物が詰まってしまいますし、
食道炎になってしまうこともあるのです。

ですから、寝たきりのわんちゃんにも
正しい姿勢で食事できるように
サポートしてあげることが大切です。

基本的には身体を起して、頭を高くした
姿勢をとらせてあげることです。

愛犬が伏せ姿勢を保てるのであれば
そのまま食べられる位置に餌を置いてあげて
食事をさせてあげましょう。

伏せの姿勢ができない場合は、
飼い主さんが体を起こしてあげて、
支えながら食べさせてあげます。

支えるのが難しい体重の重い犬の場合は、
クッションや座布団など、
寄りかかれるものを使用しましょう。

身体を起す姿勢をキープできるもの
であれば何でもいいのですが、
できれば愛犬の負担にならない
柔らかい素材を用意してあげましょう。

【スポンサーリンク】



寝たきりの老犬に水を飲ませる方法

寝たきりのわんちゃんに水を飲ませると
こぼしてしまいますので、工夫が必要です。

伏せの姿勢を保てるのであれば、
水入れの食器の下にペットシーツやタオルを
敷いてあげるだけで大丈夫です。

起き上がれない場合は、
飼い主さんが身体を支えながら、
先の細いドレッシング容器シリンジ
水を入れて直接飲ませてあげます。

完全に寝たきりのわんちゃんの場合は、
スポイトコットンに水を含ませて
口に垂らすように
少しずつ飲ませてあげましょう。

流動食も水と同じように口に流し込む
タイプであれば、こぼしやすいです。

犬の口元や下の床が汚れやすいので、
ペットシーツや汚れて良いものを
敷いてあげると、片付けが楽になります。

まとめ

寝たきりのわんちゃんの食事介護で
一番大切なことは、
必ず身体と頭を起して食べさせることです。

寝たままの姿勢では、食べたものが途中で
詰まってしまいますし、
汚してしまうので掃除も大変です。

また、寝たきりのわんちゃんのお世話は
飼い主さんの心と体の両方に
大きな負担になります。

ですが、サポートしてあげられるのは、
飼い主さんだけです。

高齢犬の寝たきり介護は大変ですが、
家族の一員として、
お世話してあげてましょう。

【スポンサーリンク】