犬も年を取ってくると、人間と同じく
中年太りでお腹がポッコリしてしまいます。

しかし、お腹が膨らんで張ってしまう原因は
運動不足や食べ過ぎによる
肥満だけではありません。

膨らんだお腹を触られて痛がったり、
腹痛で苦しんでいたら
病気の可能性もあります。

放っておくと命の危険性がある病気も
隠されているので、
早めの原因究明が大切です。

今回は、高齢犬のお腹が膨らむ原因と理由、
解決方法をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



お腹が膨らむ原因

お腹が膨らんだり
張ってしまう病気はいくつかあります。

・副腎皮質機能亢進症
・甲状腺機能低下症
・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
・胃拡張、胃捻転
・腫瘍
・偽妊娠(想像妊娠)

これらの症状で早めに対処しなければ
ならない病気もありますので、気をつけましょう。

1つ1つ解説していきます。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症は
内分泌系の病気です。

この病気は、老化による消化器や
新陳代謝の衰え
から脂肪が蓄積され
お腹が膨らんでしまいます。

肥満の症状と似ていますが、
これらは内因性の肥満でホルモンの異常から
起こるホルモン性肥満なのです。

甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症は、
食事でとりこんだ糖質が体内で上手に消化
できずに脂肪が肝臓に蓄積されます。

その蓄積が積み重なれて肝臓が大きくなり、
お腹が膨らむ原因となるのです。

改善方法は、適度な運動と良質な食事です。

特に高齢犬の場合は若い頃に比べ運動しても
なかなかカロリーが消費しずらくなります。

また栄養バランスや食べ過ぎないように
管理してあげることも大切です。

シニア専用の良質なフードを主食にして
あげると、ホルモン性肥満の対策だけでなく
健康管理もできます。

プレミアムドッグフード『モグワン』

胃拡張・胃捻転

胃拡張・胃捻転は、食後の急な運動で、
胃や周辺の器官がねじれてしまい、
おなかの中に空気が溜まって
膨らんでしまう症状です。

この病気は大型犬によくみられます。

症状としては、腹部膨張による苦しみが
物凄く強いので、すぐに気づきます。

腹部だけが不自然に膨張しているときは、
腹水に液体が溜まっている恐れがあります。

愛犬のお腹が腫れていて
痛がっているようであれば、
すぐに獣医師に相談しましょう。

腹水にたまる液体は、
浸出液露出液があります。

浸出液は、お腹の内部で発生する
腹膜炎や腫瘍が悪化によってでてきます。

腹膜炎の原因は、
細菌感染とガンによるものがあります。

ガン性の腫瘍の場合は放置してしまうと、
どんどん悪化してしまうので、
獣医師に相談して適切な処置をしましょう。

外部での症状は、老犬によくある床ずれで
発生する炎症や怪我などがあります。

露出液とは、体のタンパク質の低下によって
血管から水分が漏れ出す症状です。

老犬になるとタンパク質の吸収が
減少してしまい、足りなくなってしまいます。

タンパク質が不十分になると、
血管の壁から水分が漏れてしまうのです。

またタンパク質が足りなくなると、
身体の免疫力が落ちたり、
体の筋肉から補おうとします。

老犬にとってタンパク質の減少は
体の維持機能が低下し、
老化が加速してしまいます。

また高齢犬は若い頃よりもタンパク質が
1.5倍ほど必要といわれています。

普段の食事から良質な量のたんぱく質を
摂取することが、健康面や腹部膨張対策
必要不可欠なのです。

プレミアムドッグフード『モグワン』

腫瘍

腫瘍がお腹の中にできると、その腫瘍の塊が
お腹を圧迫して腹部が膨らんでしまいます。

腫瘍は、お腹の発生した部位によって
膨張する場所が違ってきます。

お腹の表面に近い場所であれば、
すぐに特定できます。

逆に奥にできた腫瘍になると、
他の臓器を押し上げて腹部一帯が
膨らんでしまいます。

腫瘍による腹部膨張は、ガンが進行して
大きくなっている可能性があります。

すぐに動物病院へ連れていきましょう。

偽妊娠(想像妊娠)

偽妊娠は人間の想像妊娠と同様に、
妊娠していないのに
胸や腹部が膨張する症状
です。

これは犬の黄体ホルモンが影響しています。

犬は他の動物よりも発情した後も長い期間
黄体ホルモンが作用しています。

そのため妊娠していてもいなくても、
発情の状態を持続させてしまうのです。

そうなると胸が大きくなって
お乳がでるように発達してしまうので、
お腹が膨らんだようにみえるのです。

不妊手術をしていない雌イヌの
お腹が膨らんで張っているのであれば、
まず偽妊娠を疑いましょう。

まとめ

お腹が膨らむ原因は、
病気やホルモン性肥満、偽妊娠など
さまざまな要因によって引き起こされます。

高齢犬は体の機能の衰えからどうしても
病気や肥満になりやすくなってしまいます。

しかし毎日の健康管理や良質の食事によって
事前に予防、改善することができます。

愛犬をポッコリお腹にしない為にも
普段からバランスの取れた食事を
させてあげましょう。

プレミアムドッグフード『モグワン』