愛犬がいきなり赤い色のおしっこを
したらビックリしますよね。

何か病気になったんじゃないかとか
心配されると思います。

健康なわんちゃんであれば、
黄色くて透明な色の尿を出します。

しかし、尿に血が混じっていると
赤くなったり、茶褐色になります

尿の色は、身体のどこかで異常が発生して
いることによって変化してしまうのです。

ここでは、尿が赤い(血尿)や
茶褐色のオシッコが出てしまう原因と
病気の症状についてお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



尿が赤い(血尿)茶褐色の原因の病気

おしっこが赤くなったり
茶褐色になる原因は主に、下腹部や
泌尿器系の病気、中毒症状などがあります。

犬が血尿をしてしまう病気

腎炎

腎臓に何らかの原因で炎症が起きて、
血液のろ過作用など腎臓の機能低下が
起こります。

症状としては、
急性と慢性的なものがあります。

急性の場合は、

・尿の量が減る
・尿の色が濃くなる
血尿が出る
・食欲不振
・元気がない

などの症状が見られます。

他にも腹部に痛みが見られ、
腎臓周辺を触ろうとすると嫌がります。

原因は、ウイルス感染や他の病気との併用で
引き起こされることがあります。
子宮蓄膿症、糖尿病、中毒、カビ感染症など

慢性の場合は、特に目立った症状はみられず
急性腎炎が1年以上続くと
慢性腎炎になります。

慢性腎炎は高齢犬に多いとされており、
老化現象により腎臓機能の低下によって
引き起こされるとされています。

腎炎には完全な治療法は存在しません。

塩分控えめで栄養バランス取れた食事や、
消化吸収の良いフードで肝臓の負担を
減らしたり、機能を手助けすることで
腎不全にならないようにします。

プレミアムドッグフード『モグワン』

尿路結石症

尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)に結石が
出来てしまう病気の症状です。

結石の大きさは、1mm以下のものから
卵くらいのものまで、
さまざまな大きさがあります。

症状としては、尿が出ない、もしくは
出ずらくなってしまい、激しい痛みを
伴うこともあります。

結石によって尿路が傷づけられ
血尿が見られることもあります。

原因は、水や食事に含まれるカルシウムや
マグネシウム、尿酸、ケイ酸などの
ミネラルが尿中のたんぱく質などと結合して
結石化してしまうと考えられています。

治療法は、症状が軽い場合は
薬によって結石を溶かす方法。

症状が重い時は、手術になります。

予防方法は、食事のミネラルを控えて
たくさんの水を飲ませてあげることです。

再発しやすい病気なので、
普段から与えているドッグフードのミネラル
が正しい分量かどうか
獣医師に相談してみてください。

プレミアムドッグフード『モグワン』

前立腺炎

前立腺炎は、前立腺が細菌に感染して
炎症を引き起こしてしまう状態です。

急性と慢性の症状があり、
急性の場合は、
食欲不振や熱を出すことがあります。

前立腺は尿道と接触しているため、
炎症があると、尿が出ずらくなったり、
血尿をすることがあります。

慢性の場合は、目立った症状は出ませんが
尿の異常がみられることもあります。

治療方法は、抗生物質を投与することです。

慢性の場合は治療が長引くことも。

膀胱がん

血液の混じった尿がでたり、
排尿異常がみられます。

中毒症状

犬が食べてはいけないものや
危険な物に触れると中毒症状を引き起こし
おう吐や下痢、血尿、血便などの
症状が起こります。

中毒を引き起こす食べ物

玉ねぎ、長ネギ(ネギ類)
チョコレート

中毒を引き起こす危険物質

殺虫剤
薬剤
煙草
洗剤
蚊取り線香
灯油
電池
マニキュア
ペンキ
鉛、ナフタリン、ホウ酸、フッ素など

中毒を引き起こす植物

アセビ
アジサイ
アサガオの種子
シャクナゲ
ジャガイモの芽
レンゲツツジなど

日常生活の中で、
愛犬が触れてしまう危険物質には、
近づけさせないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

犬の排泄物や尿をみれば、
大抵の症状が明らかになるといわれています

普段から愛犬の尿やウンチの状態を
観察して、異常があればすぐに獣医師に
相談するようにしてください。

血尿には、上記に挙げた以外にも、
ストレスや血液の病気によって
引き起こされるものもあります。

血尿以外に、愛犬が苦しそうな症状を
みせたら、すぐに動物病院へ
つれていってあげてください。

【スポンサーリンク】