犬はガンにかかりやすい動物といわれて
います。

特に高齢犬が一番なりやすい病気の
1つとして「がん」が挙げられます。

これは近年、犬の医療の発達や
身体に良い食べ物がたくさん開発され、
長生きできるようになりました。

その結果、犬の高齢化が進み、
7歳以上の犬の約50%以上
ガンであると報告されています。

しかし、犬にとって便利な世の中に
なる以前は、それほど病気やガンに
かかってはいなかったようです。

ドッグフードが開発される
1960年頃)までは、今ほど
ガンにはならなかったと言われています。

それは、犬の食生活が人間の残りの食べ物
や残飯を食べていたからです。

ドッグフードが登場した頃は、
健康を考えた食材や成分などよりも、
食いつきのよさやお手軽さを重視していた
と考えられます。

添加物や保存料など、身体に良くないもの
もたくさん入っていたと思います。

その影響が何代にもわたって
身体を蝕んでしまい、アレルギーガン
なりやすくなったといいます。

最近は、犬の健康を考えた高品質な
ドッグフードも販売されるように
なりましたが、その影響で高齢化も
進み、がんや他の病気にもかかりやすく
なりました。

がんにかかる原因や症状は
さまざまな理由があります。

今回は、がんになる原因と症状、
予防や治療の仕方について
お伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



ガンの原因

犬がガンは、人間と似たようなことが
原因でなる場合が多いです。

老化

がんは、細胞の遺伝子が何らかの理由で
傷つき、異常な増殖を繰り返し、
正常な細胞を巻き込んで
増殖異常を起こした状態です。

細胞は老化によって劣化していきますので
高齢による老化現象が原因となります。

遺伝

冒頭にも書きましたが、質の悪い
ドッグフード(添加物や着色料など)を
食べ続けた結果、身体の免疫力の低下や
アレルギー体質になってしまいます。

何代もの遺伝によってがんになりやすく
なる体質になるケースもあります。

化学物質

タバコの煙や排ガス、汚染された大気や水
など、長い期間にわたり影響されると
ガンになりやすくなります。

ウイルス

ウイルスの感染によってガンになってしまう
こともあります。

特に老犬は免疫力の低下からウイルスに
かかりやすく、
ガンの可能性もあがってしまいます。

白血病や悪性リンパ腫瘍の原因がウイルスで
あることが判明しています。

ホルモン

精巣腫瘍や乳腺腫瘍といった性ホルモンの
影響でガンに侵されます。

食餌

肉食中心や炭水化物など偏った食生活は
ガンのリスクが増してしまいます。

また発がん性のある食品もあります。

運動不足

老犬は特に運動や散歩不足だと
身体の衰えも早くなります。

肥満にもなりやすく、
それが原因でガンにもなります。

紫外線・放射線

長い間浴び続けると皮膚がんになる
可能性が高くなります。

ストレス

ストレス状態が続くと、がん細胞の増殖を
抑えるナチュラルキラー細胞の活動力が
低下し、がんになりやすくなります。

【スポンサーリンク】



ガンの症状・種類

犬の身体に腫瘍が発見されることに
よってガンは見つかりますが、
他にもガン特有の症状があります。

・腫瘍(しこり)がみつかる

・元気や活動量が減る

・食欲不振

・散歩をしたがらない(動かない)

・呼吸が苦しそう

・体臭が酷い

・下痢や便秘が続く

・毛ヅラが悪くなった

・舌や歯ぐきの色が白っぽい

・口や鼻、乳頭、肛門から
血、血便、血尿が出る

このような症状が見られたら
ガンでなくても他の病気の可能性も
ありますので、一度獣医師に相談して
みてください。

ガンの種類

口腔腫瘍

口の中にできる腫瘍(ガン)です。

歯茎や舌、ノドなどの粘膜に
腫瘍がみられます。

強い口臭や、ヨダレをたくさん出します。

また、腫瘍が影響して物が食べずらくなり、
出血してしまうことも。

肛門周囲腺腫

肛門付近に化膿や出血、悪臭が発生します。

また小さいイボ状の塊ができ、
悪化すると大きくなってしまいます。

去勢していないオスに多くみられます。

また、高齢犬の場合は睾丸が腫れることも。

おしりを気遣ったり、地面にこすりつけてる
動作をします。

皮脂腺腫

皮脂が分泌される皮脂腺に発生するガン。
周囲の毛が抜け落ちます。

腹腔腫瘍

腎臓や肝臓、卵巣や膀胱などお腹周辺に
発生するがんです。

胃がん

嘔吐が頻繁に見られ、吐血や粘土の高い
粘液を吐きます。
黒っぽい便(肛門から遠いため)

直腸がん

肛門のすぐ近くにある直腸に発生した
腫瘍(ガン)。
赤い便(肛門から近いため)

肝臓がん

食欲不振がおきたり、
腹部が膨張がみられます。

膀胱がん

排尿障害や血尿がみられます。

精巣腫瘍

精巣にできる腫瘍(ガン)。

乳腺腫瘍

避妊していないメスに多い腫瘍(ガン)。

子宮がん

茶色っぽいおりものがでることも。
腹部が膨張して、吐き気をもよおします。

骨腫瘍

骨に発生するガンです。

骨腫瘍は若い頃(2歳)でもみられます。

ガンの予防・治療

基本的にがんは、早期発見し、早期治療
最も大切です。

そのためには、普段から愛犬の身体を
触ってしこりがないかどうかチェック
して
異常がないか確かめてください。

また、上記に挙げたようなガンの症状が
みられたら、すぐに獣医師に相談して
検査をすることが大切です。

ガンは、環境的要因や遺伝的要因、
老化や食事などで発生します。

特に老犬には、食事でのがん予防は大切です

抵酸化力が高いビタミンA、C、Eを含む
免疫力の高い食べ物や、
身体を構成するのに必要な高タンパク質の
栄養素
は、ガン予防になります。



また核酸はガン予防にも優れています。

ガンは遺伝子異常によって発生します。

遺伝子そのものである核酸をたくさん
摂らせることにより、新陳代謝が向上し、
ガンを予防することができます。

核酸はDNAの修復に必要なものですが、
老化とともに体内で合成される量は
減っていきます。

そのため、サプリメントで補ってあげる
ことが一番効果的です。

メシマコブ

日本原産の薬用キノコで、
免疫力アップと優秀な抗がん作用が
期待できます。

ガン予防の他にも、
再発や転移を防止しします。

希少性が高いキノコですが、
サプリメントで摂取することが
できます。

乳酸菌

腸内環境を整えてくれます。
発がん物質の無効化が期待できます。

がんの治療には、エネルギーをたくさん
摂らせてあげて、痩せさせないことが
大切です。

食事でのエネルギー摂取は、高カロリーの
脂肪分(炭水化物)で補えます。

まとめ

がんの症状には特徴的なものが多く、
早期発見することが可能です。

高齢犬になるとがんの発生率は格段に
上がります。

7歳以上になったら、
飼い主さんが普段から愛犬の様子を
気にかけてあげて、異常がないかどうか
チェックしてみてあげてください。

ガンの治療は早期発見・早期治療が
一番重要なのです。

【スポンサーリンク】