愛犬が室内での排泄時や散歩中で、
うんちを出さないと心配になりますよね。

その日だけウンチが出ないのであれば
特に気にしないでいいと思います。

しかし、数日便秘が続いたり、
うんちを出そうとしているのに
出ない場合は、病気や精神的な異常
可能性があります。

また、高齢犬の場合は、腸や肛門の
衰え
からくる便秘もあります。

犬のウンチが出ない原因は、
人間の便秘と似たような症状である
場合が多いです。

そこで、犬の便秘・うんちが出ない
原因と解消法について
お伝えしていきたいと思います。

【スポンサーリンク】



便秘・ウンチが出ない原因・理由

犬のウンチが出ない原因は主に、
病気や精神的な問題
食事が関係しています。

1つ1つみていきましょう。

病気が関係している場合

オスとメスで、
便が出ない原因の病気は違います。

・オスの場合

尿路結石症

前立腺肥大

前立腺腫瘍

前立腺炎

肛門のう炎

・メスの場合

尿路結石症

子宮蓄膿症

性器の腫瘍

肛門のう炎

雄と雌の両方とも尿の病気が原因で
便秘になります。

泌尿器系はお腹や腸に近い場所にあるため、
お腹や腸が圧迫され、
便が出ずらくなってしまうからです。

オスの場合、前立腺は直腸のすぐそばに
接触しています。

前立腺が肥大したり、腫瘍などがみられると
便をせき止めてしまうのです。

メスの場合も、子宮や膣に腫瘍がみられると
直腸を刺激・圧迫してしまい、
便が出ない・出しずらくなります。

炎症系の病気は、直腸の近くでできていると
発熱もともないます。

すぐに獣医師に相談してください。

糖尿病が原因の場合

糖尿病になると高血糖により、
神経障害をおこすことがあります。

すると毒素により自律神経が乱れ、
下痢や便秘になります。

また、感覚神経障害により、便を出す感覚が
マヒして排泄障害になってしまいます。

老化が原因で便が出ない

高齢・老犬の場合は、
肛門周辺の筋肉の収縮力の衰えによって
ウンチを出す力が低下してしまい、
便秘になってしまいます。

また、脊髄神経にトラブルがあると
腸管がたるんでしまい、
ウンチが出ずらくなってしまいます。

食事・水分不足

食事をきちんと摂っていなければ
便が出ないのは当たり前ですよね。

老犬になると食細りをするワンちゃんも
います。

食べた量にウンチの量は比例しますので
便が出ない、もしくは少ないのであれば、
食べている量が少ないのかもしれません。

また、水分をしっかりと摂取していないと、
ウンチが硬くなってしまい、
便秘になりやすくなります。

ドッグフードを変えたり、違う食べ物を
与えると、消化に異変がおきたり、
気持ちの変化によって
便秘が引き起こされることがあります。

異物が体内に入ってしまった場合

玩具や何か異物を飲み込んでしまうと
腸の通貨障害を引き起こすことがあります。

うんちが出なくて吐き気の症状がみられたら
腸閉塞の恐れがあります。

すぐに病院へ連れていきましょう。

運動不足

老犬になると行動力の低下から
散歩や運動が減り、消化管の活動力が
落ちて排便を妨げることもあります。

【スポンサーリンク】



便秘の改善・解消方法

病気が原因の場合は、
獣医師に相談しましょう。

それ以外のことが原因で便秘になる場合は
いくつかの対処法があります。

食事や水分不足が原因の場合

うんちがなかなか出ないワンちゃんには
食物繊維をたくさん摂らせてあげましょう。

食物繊維は消化されることなく、
腸の中で水気を吸収して膨らんでいきます。

体積膨張によって便の量が増して、
腸を刺激して、便を出したくなるのです。

食物繊維がたくさん含まれた
お勧めの食べ物

キャベツ
ブロッコリー
カボチャ
コンニャク
サツマイモ
ニンジン
リンゴ

これらの野菜や果物を
普段食べているフードに混ぜてあげましょう

水分不足はうんちを硬くして
出ずらくしてしまいます。

食物繊維をたくさん摂らせてあげて、
大量の水を飲ませると
さらに便秘の解消に効果的です。

老犬の場合は、消化器系(胃腸)の
衰えからも便秘が引き起こされます。

普段から消化吸収の良いフードを
与えてあげましょう。



ストレスが原因の場合

犬もストレスを感じると、
気分の変化により自律神経が乱れ、
腸の動きがおかしくなり便秘になります。

引越しや部屋の模様替え、
飼い主さんの機嫌が悪かったりすると
犬自身のストレスになります。

犬がストレスを感じない環境を
整えてあげましょう。

まとめ

一時的な便秘であれば、
稀にあるのでそれほど問題はないです。

しかし、何日もうんちが出ないと
食欲不振になり、おう吐がみられ、
苦しむようになります。

そうなると病気や異物を飲み込んだ
可能性がありますので、
すぐに動物病院へ連れていきましょう。

特に老犬は、胃腸の問題を抱えやすく、
便秘になりやすくなります。

毎日の運動や散歩の時間をしっかりと
確保し、食生活に気をつけてあげて
便秘にならないようにしてあげましょう。

【スポンサーリンク】