愛犬の抜け毛の量が
ちょっと異常な気がする..

皮膚が丸見えになっていて
何か病気にかかっているのかな?

と不安になってしまいますよね。

でもご安心ください。

犬の抜け毛の原因のほとんどは
精神的なストレスによるものや、
年に2回ある換毛が影響しているのです。

犬も環境の変化や、病気や怪我で
ストレスを感じてしまいます。

そのような悩みや不安を抱え続けると、
毛が抜けて円形脱毛症になったり
白髪が目立ってしまうのです。

換毛は、大抵の犬が毎年2回ほど
毛が抜け替わる自然現象です。

初夏と秋の2度にわたって
毛が抜け替わります。

夏の換毛期では不自然なほどの
大量の毛が抜けることから、
病気を疑う方も多いようです。

換毛では地肌をさらけ出すほどの
抜け方や、違和感のあるハゲ方は
ありません。

そのような抜け方ですと
病気の可能性があるのです。

今回は、脱毛が原因で発見される
病気についてご説明していきます。

【スポンサーリンク】



病気の症状で脱毛する疾患

犬の異常脱毛による病気は、
かゆみの有無によって症状が違います。

痒みの無い脱毛は主に
ホルモン性の疾患によるものです。

痒みをともなう脱毛は、
皮膚の湿疹や炎症、
皮膚の感染症などがあります。

病気による脱毛は主に
痒みの無いホルモン性が考えられます。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

副腎皮質機能亢進症は、
通称クッシング症候群と呼ばれ、
老犬に多い病気です。

ホルモン異常による疾患で、
左右対称での脱毛がみられる、
少し特殊な毛の抜け方が特徴です。

この病気では、水のがぶ飲みや、
大量のオシッコ、食欲異常などが
みられます。

・かかりやすい犬種

ミニチュア・ダックスフント
シー・ズー
ヨークシャー・テリア
ポメラニアン
ビーグル
トイ・プードル
ジャック・ラッセル・テリア

【スポンサーリンク】



甲状腺機能低下症

この病気もシニア犬でよく見られる
ホルモン異常の疾患です。

活動力や気力が無くなって
ぼーっとしたり、肥満体質になります。

そして、毛が乾燥して脆くなったり、
脱毛の症状がみられます。

他にも食欲不振や低体温などがあります。

ホルモンをコントロールする薬を飲むことで
改善されるので、
早めに病院へ連れていきましょう。

・かかりやすい犬種

ミニチュア・ダックスフント
レトリバー種
ポメラニアン
ミニチュア・シュナウザー
トイ・プードル
シェットランド・シープドッグ
コッカー・スパニエル

その他、痒みがない脱毛の病気として

ホルモン性脱毛
アロペシアX
コリーノーズ
精神性脱毛
外傷

などがあります。

この中でアロペシアXというのは、
ポメラニアンに多く見られる脱毛です。

メラトニンの不足が原因で引き起こされます。

これは人間の男性によくある抜け毛と同様に
対策の仕方や改善方法はほぼありません。

健康面での支障はないので、
飼い主さんがハゲた部分を気にしなければ
特に問題はありません。

まとめ

高齢犬の脱毛には主にホルモン異常による
原因が考えられます。

ホルモン性の病気は放置してしまうと
命の危険にかかわる病気もあります。

違和感のある脱毛とホルモン病による症状が
みられたら、すぐに獣医師に相談しましょう。

【スポンサーリンク】