糖尿病と聞くと、人が患う病気のイメージが
ありますが、実は犬や猫にもある病気です。

人間の場合は主に、不規則な生活や
食べ過ぎによる肥満が原因です。

犬も同じように肥満も要因の1つですが、
遺伝的要因や膵臓のホルモン不足など
もあります。

糖尿病は一度かかってしまうと、
完治させることは、ほぼできません。

毎日インスリンを注射しなければ
ならないので、お世話をするのも大変です。

さらに高齢犬の場合や症状が進行していると
合併症の恐れもあります。

ですから、人間にとっても犬にとっても
非常に怖い病気なのです。

今回は、その糖尿病の症状や原因、
治療や予防方法をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



糖尿病とは?

糖尿病とは、簡単に言ってしまうと
血糖値が異常に高くなる病気です。

犬の糖尿病は、膵臓で作られるインスリンと
呼ばれる糖を代謝させるホルモンが不足して
血液中の糖質が落ちなくなり、
高血糖状態になる症状です。

糖尿病の症状

糖尿病を患った犬によく見られる症状は主に
水の大量摂取排尿増加
体重減少があります。

水の大量摂取は、愛犬が運動や散歩帰り以外
水をガブガブ飲むようであれば要注意です

そして尿もたくさんするようであれば、
糖尿病を疑いましょう。

体重減少は、糖尿病の影響で糖が代謝されず
エネルギーに変換されないので、
痩せてしまう現象です。

糖尿病の初期~中期は食欲旺盛で
たくさん食べます。
その影響で一時的に太るのですが、
次第に痩せていってしまいます。

たくさん食べても肉体のために
活用される糖
が、そのまま肝臓から
尿と一緒に放出され
体重が落ちてしまう
のです。

糖尿病が悪化すると、逆に食欲不振になり
下痢やおう吐などの症状がみられます。

他にも

・曇った眼、視力低下(白内障)
・過度の眠気
・息が甘く感じる

などの症状が現れることがあります。

糖尿病の原因

人間と同じく肥満が主な原因ですが、
遺伝的要因や犬種、クッシング病、
などもあります。

肥満の犬が糖尿病になりやすいのは、
余分な血糖が肝臓に蓄えられ、
すでに満杯の状態になってしまい、
インスリン不足になるからです。

超過した体脂肪は、膵臓や肝臓の働きを
混乱させてしまうので、
インスリン異常を引き起こしやすく
なってしまいます。

糖尿病にかかりやすくなる犬種もいます。

ビーグル
ダックスフント
ドーベルマン
スピッツ
フォックステリア
プードル
パグ
ヨークシャーテリア

これらの犬は平均以上に糖尿病に
かかりやすいといわれています。

また、雑種に比べ純血種の方が
かかりやすいようです。

【スポンサーリンク】



糖尿病の予防

糖尿病は若い犬(4~5歳)では
ほとんど見られず、
中年~高齢犬になるにつれ
発症しやすくなります。

糖尿病の原因は肥満です。

犬は歳をとると肥満になりやすくなるため
余計な脂肪をつけさせないことが
糖尿病の予防となるのです。

そのためには、日ごろから適度な散歩や
運動が必要となってきます。

高齢・老犬の肥満対策!ダイエットは食事と適度な運動がポイント

肥満防止には、適切な食生活も重要です。

犬は歳を取るにつれ、必要とされるカロリー
やタンパク質の量などが変わってきます。

これは、新陳代謝や臓器の衰えから
栄養吸収の問題が出たり、
関節や骨など身体の機能を維持する為に
必要なエネルギーが足りなくなるからです。

普通に市販されているドッグフードですと
老犬に必要な栄養素がとれません。

手作りも毎日では大変です。

ですのでシニア用のフードや、
栄養バランスのしっかりと取れた
高品質のドッグフードへの切り替え
検討しましょう。

糖尿病になってしまうと合併症の危険や
毎日の注射が大変です。

日ごろから運動や食事に気をつけて
糖尿病予防をしてあげましょう。

プレミアムドッグフード『モグワン』

糖尿病の治療

糖尿病の治療はインスリンを直接注射して
補ってあげることです。

糖尿病はほぼ治らないので、
飼い主さんが愛犬の最後の日まで
注射をしてあげなければなりません。

また、インスリン注射は何も考えずに
決まった量を与えるものではありません。

インスリンは与えすぎると低血糖状態に
なってしまい、
最悪死んでしまうこともあるのです。

インスリン療法は、
季節、犬種、年齢などによって
与える量が変わってきます。

インスリン過多にならないように
愛犬の状態をしっかりと把握し、
獣医師と相談することが大切です。

まとめ

犬の糖尿病は、高血糖によって
多くの臓器や身体の機能に
危険をもたらします。

またインスリン注射や食生活、運動など
毎日のお世話も大変です。

愛犬が高齢犬で肥満傾向の場合は、
糖尿病のリスクがありますので、
運動や食生活に気を付けてください。

【スポンサーリンク】