愛犬が急に下痢をするとビックリしますよね

何か病気になったんじゃないかとか、
悪いものを食べたとか、
不安な気持ちになると思います。

確かに犬の下痢には少し危険な病気も
隠されている場合があります。

ですが、血が混じっている下痢でなければ
それほど深刻に悩まなくても大丈夫です。

また高齢・老犬になると胃腸の働きや、
消化酵素の分泌が悪くなることから
お腹を壊しやすくなってしまいます。

年を取った犬の下痢現象は
稀にあるので、一時的なものであれば
それほど気に病む必要はなさそうです。

とはいえ、健康的な犬であれば、
下痢をすることはあまりありません。

下痢の原因にはいろいろな要素が
隠されているのです。

そこで今回は、犬が下痢をする理由と
対処方法をご紹介していきます。

【スポンサーリンク】



下痢の原因と対処の仕方

犬が下痢をする原因はいくつかあります。

突然してしまう急性の下痢や
繰り返される下痢、血が混じる場合など

症状によって下痢の理由や病気がわかります

一時的な下痢

1日、もしくは2日だけの下痢であれば、
胃腸の問題の場合が多いです。

・冷たいものを食べる(冷たい水を飲む)
・プールや水遊び後
・クーラーのきいた部屋で過ごす

お腹を冷やして、胃腸に刺激を
与えることによって下痢
になります。

このようなことが原因の場合は、
愛犬に食欲や活動力に問題がなく、
一時的な下痢であれば、
特に心配する必要はありません。

しかし、下痢をしたあとは胃腸が
弱っています。

食事の量を減らすか、
ドッグフードをお湯でふやかすなどして
お腹の負担にならないご飯を与えるように
気遣ってあげてください。

獣医師に相談した方がいい下痢

下痢だけで病気を判断することは難しいです

しかし違和感のある激しい下痢や、
連続して起こる場合は、
以下の病気の可能性があります。

・伝染病
・寄生虫
・中毒
・アレルギー

これらの病気や症状は、
自然治癒することはなかなかありません。

愛犬に元気がなく、食欲不振やおう吐など、
下痢以外の体調不良がみられる場合は、
すぐに獣医師に相談しましょう。

【スポンサーリンク】



便に血が混じる

便に血が混じる下痢は、
腸内が傷ついたり炎症(急性大腸炎)など
粘膜の損傷によって血がでることがあります

また出血した場所によって血の色が違います

肛門に近い部分での出血であるほど
色は赤くなり、胃の付近に近づくにつれ
黒っぽくなっていきます。

これは体内で血が留まっている時間が長い
ほど、赤から黒く変色していきます。

このように消化器官による出血の下痢では、
腫瘍(ガン)があるケースも考えられます。

定期的に便に血が混じるようであれば、
すぐに動物病院へ連れていきましょう。

その他の原因

犬が下痢をする理由には
他にもさまざまな要因があります。

・口腔内の病気
・香辛料・牛乳など
・熱中症

口腔内に炎症や歯周病など、
口の中にトラブルがあると、
食べ物をしっかりと噛み砕けなくなり、
胃や腸に負担がかかってしまいます。

それが原因で下痢が引き起こされることも
あります。

この場合は肝臓や膵臓にも負荷がかかって
しまうので、
口腔内の病気は早めに治しましょう。

香辛料は胃腸を激しく刺激して
下痢の原因になります。

牛乳も犬種によっては便が緩くなったり
下痢になることがあります。

その場合は、犬用のミルクを与えて
あげましょう。

また、冷えた牛乳はお腹を壊す原因になります。

さらに熱中症の症状でも下痢になります。

気温の高い日に愛犬がグッタリしていて
下痢をするようであれば、
熱中症を疑ってください。

【スポンサーリンク】



まとめ

犬の下痢は一時的なものであるパターンが
よくあります。

しかし症状が激しく違和感のあるもの
であったり、愛犬に元気がない場合は、
獣医師に相談してみましょう。

また下痢の症状を放っておくと
慢性化してしまうおそれもあるので
注意が必要です。

特に高齢犬の場合は、免疫力の低下から、
下痢によって消化器官への負担が増大します。

普段の食事から、消化吸収に優れた
ドッグフードを与えてあげて、
お腹の調子を整えてあげてください。

高齢犬の健康を考えた質の良いフードを
食べさせてあげるのも
下痢対策には有効なのです。

手作りレシピを厳選食材で再現!栄養満点愛情フード『モグワン』