愛犬のブヨブヨと太った身体に
悩んでいませんか?

お腹がパンパンに膨れている

・歩くだけでも体を重そうにして
ハァハァと息切れしている..

・散歩に行きたがらない

・ほとんど寝たきりになってしまった

愛犬がこのような状態だと
不安になりますよね。

特に高齢・老犬の場合は、肥満による
病気や怪我のリスクが増大してしまう
ので
とても心配です。



肥満による病気には、糖尿病や心臓病、
腫瘍(ガン)など命に関わる
危険性
があります。

さらに高齢犬は骨や関節の衰えてきます。

体重増加による骨や関節への負荷で、
椎間板ヘルニア膝蓋骨脱臼
脂肪で気管が細まってしまう気管虚脱
という呼吸困難の状態にもなります。

もし今、愛犬が高齢と呼ばれる9歳以上で
肥満体質であれば、今すぐダイエットを
しなければなりません。

食事のダイエットをした犬は、
しなかった犬に比べ寿命がまったく
違う
という研究結果がでているのです。

しかし高齢犬の場合は、新陳代謝の衰えから
体脂肪を落とすのが難しくなってきます。

老犬専用の正しいダイエット方法でなければ
逆に太ったり、
病気や怪我のリスクもあるのです。

そこで今回は、ダイエットの難しい高齢犬の
減量方法をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお読みいただいて、
愛犬のシェイプアップにお役立てください。

【スポンサーリンク】



高齢犬の肥満改善方法

高齢犬の肥満を改善するには、
質の良い食事と適度な運動が必須です。

消化機能が衰えてくる老犬は、
若い頃と同じように食べていると
確実に太ってしまいます。

また、新陳代謝も低下することから、
若い頃と同じ散歩や遊びでは
体重が増えてしまうのです。

そこで、高齢犬がダイエットをするには
良質なドッグフード(食事)と
適切な運動
が必要となります。

高齢犬のダイエットには、
低エネルギー(カロリー)で高タンパク質
食事が必要になります。

カロリーの高い食品を摂っていると
太るのは当たり前ですよね。

摂取カロリーが消費カロリーを超えると、
その分脂肪が蓄積されてしまうのです。

ですので、低カロリーの食材を使用された
ヘルシーなドッグフードがダイエットに
重要な要素なのです。

高タンパク質というのは、
老犬にとって必須の栄養素です。

歳をとった犬には、低タンパク質の方がいい
んじゃない?と思われるかもしれません。

しかしそれは最近の研究で
間違いであることが判明されたのです。

高タンパク質のご飯を食べている老犬は、
そうでない犬に比べ、
免疫力や筋肉、骨密度にかなりの差が出た
という結果が出たのです。

身体の衰えた高齢犬の肥満は、
体重による骨や関節の負荷が強まり、
椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼などの
骨や関節の怪我のリスクが増大します。

怪我をしてしまうと運動による
ダイエットが出来なくなってしまいます。

普段から高タンパク質の栄養素をしっかりと
取り入れて、健康な体を維持することが
高齢犬のダイエットに必須なのです。

低カロリーで高タンパク質となる
良質のドッグフードを食べさせることが、
食事での肥満解消となるのです。

↓↓↓高品質のお勧めドッグフード


そして、ご飯の与える回数
肥満防止になります。

普段、愛犬のご飯は1日2回の方が多いと
思います。

しかし、食事の回数を増やすことによって
肥満の改善につなげることができるのです。

食事をすると犬は(人間も)食後に代謝が
上昇し、体脂肪が燃焼しやすくなります。

毎日の食事を4~6回に分けて
与えてあげると、代謝を高く保てて
肥満になりずらい状態
を作り出せるのです。

高齢犬によくある痴呆症ボケで、
ご飯を食べていない」と思い込む症状にも
複数回の食事は有用です。

【スポンサーリンク】



ダイエットにはもちろん身体を動かして
カロリーを消費し、脂肪を燃焼させることが
必要です。

しかし高齢犬になると足腰の老化や
心臓に持病を抱える犬も増えてきます。

ダイエットをするために無理な運動は
逆に体調を悪化させてしまう恐れがあります

愛犬の健康状態にあった肥満解消の運動を
してあげましょう。

お勧めのダイエット運動は、
水泳や水の中を歩かせる
トレッドミル(水中歩行)です。

水の中であれば、足腰が弱った老犬でも
負荷の少ない運動ができます。

水泳は身体全体を動かしますので
全身のダイエットに向いているのです。

さらに、水が大好きなわんちゃんであれば
リフレッシュやストレス解消の効果も
期待できます。

難点は、お金がかかることと、
専用のプール施設がなかなかないことです。

その場合は、浅い川に連れていくか、
自宅で大きめの桶やお風呂などで
自作の水泳ウォーキングトレッドミルを
作ってあげてください。

散歩や遊びなどの運動でダイエット方法は、
最初は短めの散歩距離や
軽めの運動から始めます。

愛犬が慣れてきたら徐々に負荷を強めて
いってください。

最初から肥満の犬が過度の散歩や運動を
させてしまうと怪我や病気の原因と
なってしまいます。

愛犬の年齢やその日の調子などを考慮して
無理のない運動をさせてあげましょう。

まとめ

高齢犬の肥満を放置していると
さまざまな病気や怪我を引き起こす
原因となります。

犬は自らダイエットすることはできません。

飼い主さんが普段の食事や生活、運動を
見直すことによって、
愛犬の肥満を解消させることができます。

是非、今回ご紹介した食事や運動での
ダイエット方法をお試しください。

高齢犬の肥満は、百害あって一利なしです。

愛犬の健康や寿命のためにも、
確実にメタボを解消させてあげてください。