市販のショップには、さまざまな種類の
シニア向けドッグフードが売られていますが

あなたは、どのような基準で
選んでいるでしょうか。

おそらく大半の方が、なるべく安い価格で、
品質の良いフードを基準に購入されていると
思います。

それも間違いではないのですが、
もっと押さえてもらいたいポイントが
あります。

例えば歳をとった犬には、動物性たんぱく質
がたくさん含まれいたり、安全な無添加
フードを選んだり。

他にも把握して欲しい点がいくつかあります

2009年6月1日より、
ドッグフードの原材料を明記しなければ
ならない「ペットフード安全法」により
製造方法(原材料)の表示が義務化
されました。

ですので、購入者が容易に製品の良し悪しを
見分けることができるようになったのです。

そこで、製品に明記されている内訳を
どのようして見分けるのかを
ご説明していきたいと思います。

【スポンサーリンク】



良質で安全な市販フードを見分けるコツ

ドッグフードのラベルには、
さまざまな情報が明記されています。

良質なフードを見分けるには、まず
成分、内容量、給与方法、製造年月日、
賞味期限、原材料、原産国、事業主
もしくは氏名・住所
が書かれたものを
選びましょう。

これらがしっかりと記載されていない
製品は、安全とは言えません。

またAAFCO(アメリカ飼育検査官協会)
と記載されているものを選びましょう。

AAFCO表記はアメリカが定めたペット
フードの基準を満たしている証明です。

しかし、基準を満たしてるからといって
原材料が安全なものを使っているとは
限りません。

ですので、しっかりと原材料や事業主を
確認して、信頼のあるメーカーかどうか
見分けることが大切です。

【スポンサーリンク】



・その他

ナチュラルな材料を使用している

化学物質や添加物などを使用せず、
天然の素材を使用して作られた
ドッグフードは犬の健康上において
重要です!

内外包装に窒素加工がされている

窒素加工された製品は、
化学薬品が未使用で無添加のものが
多いといわれています。

賞味期限は6ヶ月以内のもの

賞味期限が6ヶ月以上のものだと
たくさんの保存料を使用している
場合があります。

ドッグフードの価格が安くて
賞味期限が長い場合は、
犬にとって有害な保存料(エトキシキン
BHTBHAなど)が含まれている
可能性がありますので、注意してください。

一番簡単なドッグフードの選び方は
やはり値段です!

ある程度の品質や原材料が使用された
ドッグフードはそれなりの価格になります

1kgあたり1000円~1500円
を基準に製品を選んでください。

ドッグフードのラベルを見るのは、
価格を見てから判断しましょう。

時間短縮にもつながります。

高齢・老犬向けに市販フードを選ぶので
あればやはり、動物性たんぱく質(肉や魚)
がたくさん含まれており、炭水化物の
少ない
フードを選ぶべきです。

動物性たんぱく質は、
骨格の予防や老化現象防止につながります。

炭水化物は、老犬を肥満にさせないために
あまり取らせないようにしましょう。

ですが、市販のドッグフードでは
動物性たんぱく質をふんだんに
使用して、なおかつ炭水化物が少なめ、

そして、ナチュラルな材料を使用している
ものはなかなかありません。

やはり老犬には、高品質のドッグフードや
シニア向けに作られたフードを選びたい
ところです。



まとめ

市販のドッグフードには素材が適当で
有害な所品添加物をたくさん
使用しているフードもあります。

ペットフードの品質は年々向上して
いますが、いい加減な製品もまだまだ
存在しています。

飼い主さんがしっかりとラベルを確認して
ドッグフードを見分けてください。

高齢・老犬の場合は、市販のフードよりも
わんちゃんのことを考えて作られた専用の
フードがおすすめです。

市販のものよりは、多少値が張りますが
(1kg300~500円くらい)
それだけ安全、高品質のフードです。

愛犬がいつまでも元気で健康に
いてもらうためにも、
食事には気を使ってあげてくださいね。