愛犬がポタポタと
大量のヨダレを垂れ流している・・。

犬がヨダレを出す光景は
よく見ることと思います。

美味しい食べ物や匂いを我慢している
マテ」状態の時はとめどなく
ダラダラと流しています。

暑い夏や散歩帰りでは、
舌とヨダレを出して体温を下げています。
*犬は肉球と鼻先でしか汗腺できないため

しかし、それ以外の理由で
苦しそうにヨダレを垂らしていたら、
それは病気のサインかもしれません。

今回は、異常なヨダレの原因と病気を
探っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】



大量のヨダレが出る原因・病気

普段よりも違和感のあるヨダレの量を
愛犬が垂れ流していたら、
病気の可能性があります。

考えれる病気は3つ

1つ目は、口の中の病気
2つ目は、食道や胃の病気
3つ目は、破傷風・感染病

1つずつ解説していきます。

口の中の病気

ヨダレをたくさん出す一番の原因は、
口腔内のトラブルです。

口の中に異物(魚の骨や木の切れ端などの
尖ったもの)を飲み込んでしまい、
喉に留まったり、突き刺さっている状態だと
異常を感じてヨダレを出してしまいます。

また、歯の隙間に異物が挟まった状態だと
不安になって口を閉じられず
ヨダレを出すこともあります。

口腔内の病気では、
口内炎や舌炎、歯肉炎などの炎症系の
疾患でよだれが出てきます。

食道や胃の病気

食道や胃袋のトラブルでは、
異物混入による食道器官の損傷で苦しくなり
ヨダレが出てしまいます。

食道や胃の中で異物が留まり続けると
食道器官が狭くなってしまい、
炎症の原因になります。

このような状態だとヨダレもでますが、
おう吐も見られることがよくあります。

犬は一生懸命異物を出そうとして
吐きますが、取り除くことは難しく、
ヨダレを垂れ流したり、
水分を吐き出します。

このような状態だと
異物が他の臓器を傷つけて
細菌感染を引き起こしてしまうので、
早めに獣医師に相談しましょう。

【スポンサーリンク】



破傷風・感染病

破傷風は傷口に菌が入り込み、
感染によって引き起こされる病気です。

体に菌の毒素が入り込むと、
痙攣を引き起こします。

痙攣は頭の両側から発生し、
犬は歯を食いしばった状態にします。

そうなるとヨダレを飲み込めないため、
ヨダレを垂れ流してしまうのです。

まとめ

ヨダレがたくさん出る要因は主に、
口の中で発生するトラブルが多いです。

ですので、愛犬が急にヨダレを大量に
出すようになったら、
まずは口の中を見てみましょう。

口の中で炎症を起こしていたり、
異物が突き刺さっていたら
悪化させる恐れがありますので、
すぐに獣医師に相談してください。

また、口の中に異常がある場合は、
脚や手で顔を引っかいたり
地面にこすりつけようとします。

愛犬が普段しない
顔をいじる仕草がみられたら
病気のサインの可能性もありますので
注意してみてください。

【スポンサーリンク】