老犬になると様々な理由でご飯を残したり、
食べてくれないことがあります。

食事は健康を維持する為に必要ですから、
食べてくれないと不安になりますよね。

そのようなときは、食べやすいように
工夫
してあげたり、お腹に優しいご飯や
ドッグフード
を与えてあげると、効果的です。

ここでは、食欲不振や、消化機能の衰えた
ワンちゃんのために、ご飯を食べさせる方法
をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



お腹に優しいご飯の与え方

食事やドッグフードにひと手間かけて
あげることで、食欲が増進したり、
食べやすくなります。

柔らかくしてあげる

老犬になると、歯の病気を抱えたり、
口腔内にトラブルが発生して
食べたくても食べられない状態に
なってしまうことがあります。

そのような時は、柔らかくて食べやすい
食事や、ドッグフードをふやかして
あげましょう。

柔らかい食材は、茹でたイモ類や
茹でた野菜などがお勧めです。

ドッグフードは、
水やぬるま湯などでふやかすことで
柔らかくすることができます。

食欲がない場合は、
愛犬の好物の匂いのするスープや
肉のゆで汁
など
食欲のそそるつゆでフードをふやかして
あげると、食べてくれるようになります。

食事を温める

冷たい食餌やフードは、胃腸に刺激を与えて
しまい、下痢の原因になります。

胃腸の弱ってくる老犬には、
冷たい食べ物は控えましょう。

冷蔵庫に食事を保管している場合は、
少し温めてあげてください。

食事を温めるだけで匂いが増し、
食欲をそそる
ようになります。

老犬の場合は、嗅覚の衰えからくる
食欲不振もあります。

食事を温めて、美味しい匂いを感じさせて
あげましょう。

温め方はレンジで少しチンしてあげます。
38~39度くらいを目安に)

食べやすい高さに調整

高齢犬の場合は、食べさせる姿勢にも
気をつけてあげてください。

食器を床など、愛犬の足元に置いて
食べさせてはいないでしょうか。

その場合、下を向いて食事をすることに
なってしまいます。

すると食道や胃の位置が口よりも上になり
重力により飲み込む力が
余計に必要
になってしまうのです。

また、前脚に重心がかかってしまい
負担にもなります。

若い頃であればそれほど気にする必要の
無いことでも、老犬には食事の食べやすさ
も大切なことです。

食べやすい高さに調節するには、
食事台を用意してあげて、
首を下に向けない位置にフードボールを
置いてあげましょう。

【スポンサーリンク】



まとめ

いかがでしたでしょうか。

老犬になると食道や胃、
嗅覚の衰えなどにより、
食べてくれないこともあります。

そのようなときには、
食べやすいように食事を柔らかくして
あげたり、匂いづけなどの工夫をして
食欲がそそるようにしてあげましょう。

また、犬の健康や食いつきに特化した
高品質のフードを与えてあげるのも
おすすめです。