愛犬が散歩を億劫がったり、
排泄のポーズがうまく取れなくて
失敗することはありませんか?

犬は歳をとってくると、普段の生活の中で
足腰の衰えが顕著にみられるように
なってきます。

また、犬は身体の構成上、前脚に7割、
後ろ脚に3割
ほど体重の負荷をかけて
生活しているため、後ろ足の筋力が低下し
うまく座れなくなります。

おねえ座りと呼ばれる、脚を横にずらした
座り方をするようになったら、
後ろ脚が衰えている証拠です。

「年齢による老化だから仕方ない..」と、
放っておくと、ますます筋力が低下し、
寝たきりになってしまいます。

愛犬を寝込ませないためにも、
エクササイズや食生活の改善で
筋力アップさせてあげることが大切です

今回は、老犬にみられる
後ろ脚(足腰)の衰えチェックと
改善方法をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



後ろ脚の弱り・衰えをチェック

後ろ脚(足腰)の衰えからくる行動

・フラフラ歩くようになった

下半身の筋力が低下すると、
体重を支えている後ろ足の歩幅が
短くなってしまい、
次第にもつれるようになります。

犬は必死に普通に歩こうとしますが、
後ろ足に力が入らない為、
ちょこちょこ歩いたり、
ふらふらしてしまいます。

この状態の歩き方は、
上から見ると逆三角形のように見えます。

・排泄の失敗

後ろ足が衰えてくると排泄ポーズ
(踏ん張る体勢)が取れず失敗して
しまうようになります。

足腰の筋力低下による排泄失敗であれば、
飼い主さんのサポートができます。

しかし、関節に痛みがある場合は、
排泄ポーズが取れないため、
我慢してしまうケースがあります。

愛犬がおしっこやウンチを我慢している
ようであれば、痛みを感じていることが
あるので、獣医師に相談してみましょう。

・寝っ転がる(横になる)とき
頭頂部から勢いよく倒れる

犬がベストポジションの体勢をとろうと
するときは、
ゆっくり身体を丸めようとします。

しかし足腰に力が入らないと、
寝っ転がる(横になる)ときにドンと
倒れるようになってしまいます。

愛犬が好んで休憩する場所には、
クッションや柔らかいものを敷いて
あげましょう。

・お尻がちいさくなる

足腰が弱ったり、痛みがあると
後ろ足を使わなくなります。

すると筋肉量が減少して、
お尻が小さく見えるようになります。

【スポンサーリンク】



後ろ足(足腰)の改善方法

犬は足腰が衰えると動くのが億劫になって
しまうワンちゃんもいます。

「昔は散歩や運動が大好きだったけど、
もう老犬だから控えよう」と考える
飼い主さんもいると思います。

しかし、足腰の衰えが原因で運動や散歩を
止めてしまうと、血液循環が悪くなり、
筋力の低下がますます増してしまいます。

家で動かずに引きこもっていると、
筋肉が細くなり、歩行や飛び降りなどが
出来なくなってしまいます。

さらに悪化すると、
立つこともできなくなり、寝たきりに
なってしまうのです。

そうならないように、愛犬の後ろ足(足腰)
に異常がみられたら、飼い主さんが
筋力エクササイズや食事の改善を
してあげましょう。

筋力エクササイズのやり方

愛犬の脚の筋力が落ちてきて足取りが
おぼつかなくなっても、
歩かせることが大切です。

歩くのが辛そうに見えても、
わんちゃん自身は「歩きたい」という気持ち
を物凄く強く抱いています。

犬は老化現象を感じるという感覚を持って
いないので、急に歩けなくなることを
想定していません。

歩けなくなって初めて
「歩きたい!散歩したい!」という
感情が芽生えるのです。

ですので、歩ける間に筋力トレーニングを
してあげるべきなのです。

犬の筋力アップには、
スクワットが効果的です。

ワンちゃんスクワットのやり方

1.まずおやつを手に持ちます。

2.犬を立った状態にして、
目の前までおやつを持っていきます。

3.おやつを持ち上げてわんちゃんの
上体をもちあげさせます。

これを5セット繰り返して
後ろ足を鍛えます。

オスワリと起き上がり

オスワリの状態のまま、
ゆっくりと起き上がらせる(立った状態)
ことで、後ろ足を鍛えます。

この時も「おやつ」を使ってうまく
オスワリと立つ姿勢の繰り返しを
誘導させましょう。

急に起き上がらせるよりも
ゆっくり立たせた方が後ろ足に負荷が
かかりやすく、筋力アップになります。

食事を改善して筋力予防

犬の筋力アップには、高タンパク質の
食事を摂らせてあげることが重要です。

タンパク質は筋肉や臓器など
身体を構成するのに必要な栄養素です。

魚や肉などに含まれる質の高い
動物性たんぱく質をふんだんに取り入れ
られた食事は、筋肉組織や筋力の維持に
役立つと研究で証明されています。

しかし毎日、意識的に質の高いたんぱく質を
食べさせてあげることは大変です。

そこで高品質で栄養バランスの考えられた
ドッグフードに変更してあげることも
検討してあげてください。



まとめ

歳をとるにつれて後ろ足(足腰)の老化が
みられるのは仕方がないことです。

しかし老犬でも適度な散歩や運動、
食生活の改善をすることによって、
健康や筋力を維持できるようになります。

犬が歩けない状態になってしまうと、
ふたたび歩かせるようにしてあげるのは
非常に大変です。

愛犬の脚に違和感を感じたら、
歩けるうちにエクササイズや食事の改善を
して、足腰の予防をしましょう。