犬の老化がみられる年齢になったら、
食事の見直しが必要です。

犬種によって違いますが、
大体7~8歳前後で身体の機能が衰え始め
怪我や病気になりやすくなるからです。

若い頃と同じような食事をしていると、
必要な栄養素が摂れなくなったり、
肥満にもなりやすくなります。

ペットフードの分類でも7歳から高齢期に
なっており、老犬用のフードへの切り替えの
タイミングでもあるのです。

今回は、なぜ高齢犬にシニアフードが必要
なのかをご説明していきたいと思います。

【スポンサーリンク】



高齢・老犬にシニアフードが必要な理由

犬の身体が衰えてくる年齢になると、
今までと同じような食事では
必要な栄養が摂れなくなってきます。

これは、年齢による内臓・消化器系の
衰えから、吸収率が悪くなること、

加齢による身体の衰えを維持するために
たくさんの蛋白質を必要とするからです。

シニア向けに作られた専用の
ドッグフードは、老犬に必要な栄養素を
摂り入れることができるのです。

手作りレシピを厳選食材で再現!栄養満点愛情フード『モグワン』

栄養バランスがとれたシニアフード

犬はもともと野生動物で肉食です。

人間と共に暮らしていくにつれ
雑食になっていきました。

そして、人と同じようなものを
食べ続けた結果、犬の身体も
8大栄養素が必要になりました。

8大栄養素とは

タンパク質:筋肉や内臓器官など
      身体を構成するのに必要

糖質:脳や筋肉などに必要な
   速効性のエネルギー源

脂質:活動力の源
   細胞膜や角膜などを作る

ビタミン:微量栄養素
     身体の機能維持に必要

ミネラル:微量栄養素
     身体の機能維持に必要

食物繊維:肥満、便秘解消、
     生活習慣病の予防

核酸:癌の防止や改善、細胞の補修

酵素:食べたものを消化、
   吸収するタンパク質

この中で、特に老犬に必要なのが
タンパク質です。

タンパク質は、身体の機能が衰えてきた
老犬の筋力や筋肉の維持、基礎代謝や
免疫力の向上
など、身体の機能を保つために
必要な栄養素です。

特に肉や魚などに含まれる
質の高い「動物性たんぱく質」をとることが
重要です。

良質のたんぱく質がたくさん含まれた
ドッグフードは、肥満防止歯の病気
予防にも繋がります。

その結果、ガンや糖尿病などの発生を抑え、
健康を維持することができるのです。

シニア向けフードには、
こうした高タンパク質のほか、ビタミンや
ミネラル、カルシウムなど、老犬に必要な
栄養素がたくさん配合されています。

さらに脂肪分(低カロリー)に抑えられて
いるので、肥満防止にも繋がるのです。



まとめ

犬は歳をとってくると、若い頃に比べ
消化吸収能力の衰えや、体の機能維持に
必要な栄養素が変わってきます。

老化現象が見られ始める7歳以降の
年齢になったら、シニア向けフードや
必要な栄養素がしっかりと配合された
高品質のフードへの切り替えを
検討しましょう。

【スポンサーリンク】