愛犬が急に嘔吐(おうと)したり、
苦しそうに吐いていたら
不安になりますよね。

特に高齢・老犬になると、
何か病気の可能性を考えて
心配されると思います。

ですが、人間と比べると犬は
軽い吐き気を感じるだけでも吐くので
それほど深刻に捉える必要はありません。

もちろん、血が混じっていたり、
寄生虫がいた場合は注意が必要です。

しかし、犬はちょっとした吐き気でも
我慢せず吐いて
しまいます。

例えば人の場合、人目のあるところで
吐きそうになったら
我慢してしまいますよね。

もちろん我慢できない激しい吐き気のときも
あります。

しかし犬の場合は、見栄や吐き気を我慢する
といった気持ちはなく、
その場で気にせずあっさりと吐くのです。

ですから、「繰り返し吐いたり」、
血が付いていた」など
他に違和感がなく、1回くらいであれば
問題はないのです。

しかし、そうはいっても高齢・老犬が
吐いてしまうと気になりますよね。

基本的に犬が吐く理由は胃腸の問題
ほとんどです。

犬は歳をとると胃腸の機能が低下して
トラブルを起こしやすくなります。

ですので、老化が原因で吐いてしまう場合は
食事には気を付けなければなりません。

今回は、嘔吐・吐く原因と
病気の可能性をお伝えしていきます。

【スポンサーリンク】



嘔吐と吐くの違い

嘔吐(おうと)と吐くは、どちらも
口から吐物を出すという意味では同じです。

しかし、微妙に違うので解説していきます。

嘔吐(おう吐)とは、
胃の中で消化された食べ物を吐くことです。

また、胃液を吐く現象も嘔吐といいます。

吐く(吐出)というのは、胃で消化する前
つまり、食べ物が胃へ到達する前
口にした物を吐き出してしまう現象です。

嘔吐の原因

嘔吐は食べ物が胃に到達後の症状、
吐くは食べ物が胃に到達する前の症状なので
原因はそれぞれ違います。

嘔吐の原因は、食べ物の消化後に起こるので
胃や腸に原因がみられます。

その為、胃腸の通貨障害によって
吐き気をもよおします。

代表的な障害・病気は、

・腫瘍
・胃拡張・胃捻転

が挙げられます。

腫瘍は胃や腸などにみられると
通過障害を起こしてしまいます。

この場合は食後に嘔吐を繰り返してしまう
ことがあります。

また、吐出物に血が見られた場合は、
色によって腫瘍の進行度が変わってきます。

茶色、もしくは黒っぽいようであれば、
進行している可能性があるので
すぐに獣医師に相談してください。

胃拡張・胃捻転は吐き気以外に、
お腹が膨らんでいき、
物凄く苦しむので、すぐにわかります。

通貨障害以外では、
胃炎や腸炎などの炎症が原因です。

これは犬が食べてはいけない物や刺激物、
アレルギーなどによって引き起こされる
炎症があります。

嘔吐・吐く(吐出)の見分け方

犬が吐いたタイミング(時間)によって
見分けることができます。

すぐに吐いたようであれば、
胃に到達する前の吐出です。

この場合は食べたものがそのまま
吐き出されています。

嘔吐の場合は、いったん胃に収まってから
吐く現象なので、食べたものが消化されて
いたり、小さくなっています。

嘔吐の場合は、黄色や茶色の胃液が
混じっていることがあります。

吐く(吐出)原因

吐くは、食べ物が消化される前に
引き起こされる症状です。

口から胃への間で引き起こされるので
食道の器官にトラブルがあると
考えられます。

食道での異常も胃と同じく、
口にしたものによる閉塞、腫瘍や炎症が
原因で吐き気を引き起こします。

主に食道狭窄や、巨大食道症といった
病名があります。

食道狭窄は、口にしたものによって
食道粘膜が傷づけられ縮まってしまう
症状です。

巨大食道症は、逆に食道が大きくなる
(広がる)現象です。
食道の筋肉が弛緩してしまい、
食べたものが胃へ到達しずらくなって
しまい、吐いてしまうのです。

【スポンサーリンク】



吐く原因となる食べ物・異物

嘔吐・吐く原因は、特定の食べ物によって
引き起こされることもあります。

ここでは吐く原因となる代表的な
食べ物や異物をご紹介します。

・チョコレート・ココア
・レーズン
・アルコール
・マカダミア・ナッツ

・殺虫剤
・鉛
・水銀
・ヒ素

犬が中毒症状を起こしやすい食べ物や
人間にとっても危険な物は、
吐く原因となります。

高齢・老犬の嘔吐・吐く

犬も年齢と共に身体の機能は
衰えていきますが、消化機能は衰えにくい
といわれています。

それでも胃液の分泌や腸内細菌の異常は
起こりやすくなっていきますので、
若い頃よりは消化機能の障害が
出てくるのです。

吐く原因は主に胃や腸が原因です。

老化現象によって衰えた胃や腸は、
負担がかかりやすくなるので、
結果的に「嘔吐」や「吐く(吐出)」
を引き起こしやすくなります。

ですので、胃や腸に優しい
消化吸収のすぐれた、
質の高いドッグフードや

グレインフリー・生肉使用!
プレミアムドッグフード『モグワン』

食べやすさを工夫してあげましょう。

匂いのするスープやお湯で
ドッグフードをふやかしてあげると
胃への消化吸収がスムーズに行われます。

胃の消化や消化機能の衰えが原因で
吐く場合は、こうした工夫を
してしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

犬が嘔吐や吐いてしまうと不安になりますが
大抵は異物を食べてしまう一度きりの吐き気
の場合がほとんどです。

何度も繰り返して吐いたり、
血が混じるようでなければ、
しばらく様子をみてみてください。

高齢・老犬の場合は、
胃腸や消化機能の衰えが原因で吐きやすく
なることもあります。

また、嘔吐や吐くといった症状は、
さまざまな病気が隠されています。

愛犬が吐く以外に違和感のある症状が
みられたら獣医師に相談するように
してください。

【スポンサーリンク】